症状メニュー SYMPTOM MENU

足底筋膜炎

こんなことでお悩みではありませんか?

足底筋膜炎はなぜ起こる?

激しいスポーツやランニングなど繰り返される負担により、足底の筋の付着部に炎症が起きる事によって生じます。長時間の立ち仕事など持続的に足裏に負荷がかかっている場合や、体重の増加により足底への負担の増加により生じます。起こりやすい足の特徴として、「土踏まず」のアーチが低下した方は起こりやすいといえます。

足底筋膜炎が改善しない・
足底筋膜炎が悪化する理由

足底は日常の中で常に負荷がかかるので症状が改善しにくいです。また、運動を熱心にする方に多い症状で、痛みを我慢できるうちは対策をせずに無理を重ねてしまう事により症状が慢性化しやすくなります。足底部以外のふくらはぎ、脚全体も原因になっている場合が多く、患部のみの治療をしていても症状が改善しない場合が多いです。

足底筋膜炎の治療法は?

いさお整骨院の足底筋膜炎に対する治療法は腰→臀部→下肢と広範囲の筋を治療の対象とすることで足底部の血流動態を大幅に改善させ筋緊張を緩和し痛みを改善させます。また足裏の筋の付着部である踵骨の安定性を高めるテーピングを施し患部の負担を軽減させます。治療だけでなく、ストレッチやマッサージなどのセルフケアの方法を指導し症状の早期改善を目指します。痛みが改善しても再発しない様に、歩行指導や日常生活指導を行い足部の負担軽減を図ります。