症状メニュー SYMPTOM MENU

脊柱管狭窄症

こんなことでお悩みではありませんか?

脊柱管狭窄症はなぜ起こる?

脊柱管狭窄症とは背骨の後ろにある脊柱管という神経の通り道が、加齢による骨の変形や椎間板の膨隆により狭くなり、神経が圧迫され痺れや下肢痛が起こるとされています。
すべり症や椎間板ヘルニアなどに続いて発症することもあります。
また、仕事や家事、農作業で悪い姿勢が続いたり偏った体の使い方で、脊柱管部分に過度な負荷がかかり炎症が起こる可能性もあります。

脊柱管狭窄症が改善しない理由・悪化する理由

一般的に整形外科ではMRI検査を受け「脊柱管のこの部分が狭くなって神経を圧迫しています」と診断され、痛み止めを処方されたり、ブロック注射を受ける方がいらっしゃいます。一時的に楽になる事はあっても症状自体の根本的な改善にはなっていない場合が多いです。
さらには前かがみだと楽だから…と姿勢が崩れた状態で過ごすことによる筋肉への負担や、痛み刺激が自律神経の乱れやストレスなどの精神的要因を増やすことにより、悪循環に陥っているのかもしれません。

脊柱管狭窄症の治療法は?

いさお整骨院では脊柱管狭窄症の症状である殿部下肢の痺れや痛み、足のだるさや歩行時に痛みがひどくなる原因は筋肉にあると考えています。MRI画像検査で神経の圧迫が見つかったとしてもそれは静止時のもので、狭窄症の症状は歩行や体の前後屈など運動時に起こることが多くあります。運動する際に背骨の関節が動きますが、それを動かしているのは筋肉です。その筋肉が硬くなることにより、柔軟性が低下したり、血行不良により更なる悪循環を招くと考えます。当院の治療では硬くなった脊柱起立筋という筋肉や更に深層の筋肉にアプローチすることで、痛みの原因となる筋肉の緊張を緩和し血液循環を改善します。

※脊柱管狭窄症は健康保険が使えません。当院では脊柱管狭窄症は治せません。ですが、そのつらい症状は筋肉を治療することで改善することができます。