症状メニュー SYMPTOM MENU

テニス肘

こんなことでお悩みではありませんか?

テニス肘はなぜ起こる?

テニス肘は正式には上腕骨外側(内側)上顆炎といい、手首の使いすぎが原因で炎症が起きている状態です。 テニスをしていなくても手をよく使う職業の方に多く見られます。手首を動かす筋肉は肘の骨に引っ付いているので普段から手首をよく使うことで筋肉や腱に負担がかかり、肘に痛みが出る原因になります。

テニス肘が改善しない理由

「湿布を貼っておけば治るだろう」と思って放ったらかしにしたり、痛みを我慢して使い続けることで痛みが長引いたり、悪化させてしまう原因となります。湿布や痛み止めの薬は対症療法となり、その時は楽になることもありますが、使えばまた痛みが出るなど、「その場しのぎ」となり根本的な解決にはならない場合が多いです。

テニス肘の治療法は?

テニス肘の痛みの原因は多くの場合、筋肉にあると考えます。いさお整骨院では運動検査などをしっかり行い、痛みの原因となっている筋肉を特定して治療を行います。痛みの原因となる筋肉は手首や肘周りだけではなく肩周りなど腕全体の広い範囲の筋肉が原因となっていることも多く見られますので、的確に刺激を与えて筋肉の状態を改善して、症状の緩和を目指します。肘以外が原因でテニス肘になっている方が多いのです。また骨部へ症状が起きている恐れがある場合などはエコー(超音波検査)を用いて症状の原因を調べます。