症状メニュー SYMPTOM MENU

野球肘

こんなことでお悩みではありませんか?

野球肘はなぜ起こる?

野球肘は繰り返しの投球動作により上腕骨内側上顆(肘の内側のでっぱり)を筋肉が引っ張ることで痛みを引き起こします。 好発年齢は10歳~15歳。特に投手に多い野球肘には「内側型」「外側型」「後方型」に分けられます。
成長期の子供の肘には骨端線という軟骨組織があります。この場所はまだ骨では無いため(大人では骨)、弱く脆い部分のため牽引のストレスに弱く、症状が悪化すると「離断整骨軟骨炎」へと進行する為注意が必要です。

野球肘が改善しない・
野球肘が悪化する理由

野球肘は早期発見が症状を進行させない為に重要です。多くの場合がチーム事情などで「休めない」「痛くても言えない。」などの理由で投げ続けることで重症化します。
野球肘の原因はほとんどが筋肉の疲労、オーバーユース(投げ過ぎ)によるものです。痛みや違和感を感じたらまずは球数を減らし、適切な処置をすれば重症化はしませんが、痛みのある状態で投げ続け「離断整骨軟骨炎」まで進行すると、長期離脱を余儀なくされます。
また、指導者、保護者の方がお子様の体の状態をしっかりと把握し、管理することでこのような故障を防ぐことができる為、長期離脱、パフォーマンスの低下を防ぎ、ベストコンディションで試合に臨むことができます。「我慢して投げろ」ではなく、違和感を感じた際は専門家にすぐに相談してください。

野球肘の治療法は?

いさお整骨院での野球肘の治療法はまず問診やエコー検査(超音波検査)で症状の原因となっている部位を特定します。症状に対する筋肉(前腕屈筋群や上腕三頭筋など)を施術し、筋緊張の緩和と血流を改善することで症状を改善します。
症状によっては、球数制限、ノースローで様子をみながら、治療と同時進行で投球フォーム、筋力トレーニングを行い、再発を予防します。痛みが徐々に緩和してきたら、少しずつキャッチボールの距離を伸ばしたり、強さを徐々に強くしたり、球数を増やしていきます。