症状メニュー SYMPTOM MENU

顔面神経麻痺

こんなことでお悩みではありませんか?

顔面神経麻痺はなぜ起こる?

顔面神経麻痺は顔面神経が何らかの影響を受けることで発症します。顔面神経麻痺で一番多いのは特発性の「ベル麻痺」です。
この麻痺はストレスなど原因がいろいろあり「朝起きたら顔が歪んでいる」など急に発症します。顔面神経は顔面神経管と呼ばれる硬い狭い管を通りますが、循環障害によりこの神経が腫れ圧迫されることで顔面の表情筋などに麻痺が起こります。 ベル麻痺が顔面神経の約80%で残りの20%はウイルス感染によるラムゼーハント症候群と言われています。

この症状はヘルペスウイルスが顔面神経に感染し顔面神経麻痺を引き起こしてしまう症状です。外耳道に疼痛を伴う疱疹や発赤がみられ同側の顔面神経麻痺が生じます。このウイルスにより髄膜炎を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

顔面神経麻痺が改善しない・
顔面神経麻痺が悪化する理由

原因を特定することが顔面神経麻痺の難しい点です。まずはストレスや疲労などによるものなのか、それともウイルス感染によるものなのか、これらをしっかりと把握し早期に施術を開始できれば高確率で症状は改善します。

顔面神経麻痺の治療法は?

いさお整骨院では顔面神経の循環状態を良くするために頸部や頭部、背部の筋肉の筋緊張を緩和することで顔面神経への血流改善を促します。また麻痺を起こしている表情筋に対して鍼施術も行い表情筋に刺激を与えて症状の改善に努めます。当院でも顔面神経麻痺で困っておられた患者様の症状を改善できた事例がございます。