症状メニュー SYMPTOM MENU

五十肩

こんなことでお悩みではありませんか?

五十肩はなぜ起こる?

五十肩は肩の関節に炎症が起きて痛みを出すと言われています。加齢や使い過ぎによって肩の関節を作っている骨や軟骨、靭帯、などが硬くなり、炎症を起こしている状態です。
靭帯や軟骨だけでなく、肩周りの筋肉も硬くなって痛みを出します。

五十肩が改善しない・
五十肩が悪化する理由

一般的には湿布で温める、安静にするなどの保存療法や注射を打つなどの治療が行なわれます。一時的には痛みが楽になることもありますが、根本的な改善にはならず、痛みが長引いたり痛みが取れても、痛める以前のように肩が動かなくなることもあります。また痛みがある内から筋力の強化をしようとして無理に動かすことで痛みが悪化する恐れもあります。

五十肩の治療法は?

いさお整骨院では問診・運動検査によって痛みの原因を特定して施術を行います。骨や靭帯の場合もありますが筋肉が原因で痛みを出している場合が多いです。原因となっている筋肉を特定してアプローチしていきます。原因となっている筋肉は一つだけではなく、また筋肉は何層にも重なっていますので広い範囲で肩から腕や背中にかけての筋肉に対しての施術を行い、症状の改善を目指します。痛みを感じている状態での筋力強化は行わず、症状の改善を目的にストレッチなど、できる範囲での指導を行います。