症状メニュー SYMPTOM MENU

ぎっくり腰

こんなことでお悩みではありませんか?

ギックリ腰はなぜ起こる?

欧米では通称「魔女の一撃」をも呼ばれるなど、急に激しい痛みが腰部にくる症状です。重い物を持つなど急な動きだけではなく、デスクワークや同じ姿勢が長時間続いたり、運動不足により筋肉が硬くなっている場合にも発症します。つまり若くても運動を十分にしていても、腰に負荷がかかっている場合にはぎっくり腰になる可能性があるのです。

ギックリ腰が改善しない・
ギックリ腰が悪化する理由

ギックリ腰は放っておいても痛みが軽減する事もありますが、しっかり治療しておかないと再発する可能性が高く、再発する度に重症化していきます。(同じ時期になるとギックリ腰になる方も多いです)。痛み止めや湿布など、その場限りの対症療法ではギックリ腰の根本は治っていません。ギックリ腰の原因に対してしっかりとアプローチする必要があります。
ヘルニアや脊柱間狭窄症、坐骨神経痛などの症状もギックリ腰を放っておいた事が原因となる事もありますので注意が必要です。また高齢者のギックリ腰は重症化する事が多いので、ギックリ腰にならない身体作りを心掛ける事も大切です。

ギックリ腰の治療法は?

いさお整骨院ではギックリ腰の原因は骨の変形ではなく、硬くなった筋肉にあると考えています。 ギックリ「腰」といいますが原因の8割以上はお尻の筋肉にあると感じています。この悪く(硬く)なった筋肉を治療し柔軟性を取り戻し、症状を改善します。
治療法はベッドの上でうつ伏せになる事ができない場合は横向けになっていただき行います。硬くなった腰やお尻の筋肉をほぐしていきます。急性期のギックリ腰には鍼治療も大変効果的です。
コルセットや湿布、痛み止めなどの対処療法だけが治療ではないです。痛みの原因である筋肉に対して適切に治療する必要があります。 治療を行い動けるようになった時点でストレッチなどの柔軟体操も指導させていただきます。