症状メニュー SYMPTOM MENU

TFCC損傷

こんなことでお悩みではありませんか?

TFCC損傷はなぜ起こる?

転倒やトレーニング時などの一度に過度な負荷が手首にかかる事で筋肉や靭帯などの軟部組織を痛める事により起こります。一度の負荷だけでなく仕事の動作や家事など、何度も同じ動作が繰り返される事で同様の症状がおきます。また加齢による組織の脆弱化により起こる事もあります。

TFCC損傷が改善しない・
TFCC損傷が悪化する理由

  • 手関節は日常の中で常に動かす部位である為、繰り返しの外力が働きやすい
  • 軟骨組織は血流に乏しい為、経過の観察だけでは組織の修復が見込みにくい
  • 痛みの原因が骨や軟骨、靭帯だけでない場合が多く筋肉に対してアプローチしていない

TFCC損傷の治療法は?

  • 手関節の安定性に関わる筋肉の状態を良くして患部のストレスを軽減します
  • 血流動態の経路である脊柱筋→上腕筋→前腕筋を弛緩させ患部の血流を改善します
  • 日常生活上での注意点などを指導します
  • テーピングやサポーターなどを用いて患部の安定性を保ちます