症状メニュー SYMPTOM MENU

寝違え

こんなことでお悩みではありませんか?

寝違えはなぜ起こる?

寝違えとは起床時に体の一部、特に首周辺にいきなり「うずく」ような痛みや筋肉痛や捻挫に似たような痛みを感、じ思うように動かせない状態を言います。このような経験は誰でも1度や2度はあるでしょう。
主に首や肩甲骨周辺の筋肉が血行不良により硬くなることが原因で、単純な動きでも寝違えが起こりやすくなります。例えば、睡眠時に同じ姿勢が続いたり、不自然な姿勢をとっていた時に不意に首を捻ったり、肩甲骨を動かした時に起こることが多いです。他には普段スポーツをしない人が急な運動をした場合や、慣れない仕事をした場合、寝具との相性が悪い場合、冷えやストレスが原因となって起こることもあります。

寝違えが改善しない・
悪化する理由

「寝違えなんて放っておけば治るだろう」と安易に考える方が多いのが現状です。放っておけばそのうち背中まで痛くなってきて、我慢が出来ないほどの痛みになる恐れもあります。反対に「ストレッチで治るだろう」と無理に動かして症状が悪化する場合もあります。
また首から肩周辺の柔軟性が下がっている場合は再発する可能性もあります。

寝違えの治療法は?

いさお整骨院では寝違えで来院された場合、問診と動作確認、姿勢のチェックを行い、早期改善と繰り返し起こさない為の根本の施術と指導を行います。寝違えは筋肉の血流が悪くなり硬くなって起こることがほとんどです。当院では特に首から背中にかけての寝違えの痛みに対しての施術には絶対的な自信を持っています。寝違えによる痛みでお悩みの方も多く来院せれており、改善している事例が多くありますので、ご安心ください。寝違えは急性炎症による痛みです。つらい痛みを我慢せずに早めの治療をおすすめします。