症状メニュー SYMPTOM MENU

腰椎椎間板ヘルニア

こんなことでお悩みではありませんか?

腰椎椎間板ヘルニアはなぜ起こる?

椎間板は10歳を過ぎたころから老化が始まります。加齢に伴う椎間板の老化の過程で生じますが、急に重い物を持ち上げる、中腰といった日常の動作、激しいスポーツなどの腰への負担がきっかけとなることが少なくありません。また、喫煙、遺伝(同一家系内に発症しやすい)、精神・社会的側面(不安、抑うつ、結婚生活)や、仕事に対する姿勢(仕事上のストレス、仕事への集中度や満足度、失職)などが深く関与していることも指摘されています。

腰椎椎間板ヘルニアが改善しない・
悪化する理由

治療法は観血療法と保存療法とに分けられます。観血的療法とは手術治療のことを指し、保存療法は、それ以外の投薬治療や注射、コルセットなどの装具療法などを指します。
湿布やコルセットなどはいわば対症療法です。一時的に楽になる事はあっても症状自体の根本的な改善にはなっていない場合が多いです。

腰椎椎間板ヘルニアの治療法は?

いさお整骨院では腰椎椎間板ヘルニアに伴う症状(痛み、痺れ、筋力低下など)は硬くなった筋肉が原因していると考えています。硬くなった筋肉が下肢への神経を圧迫する事により痛みや痺れが出現したり、下肢への血液循環が悪化する事により諸症状が引き起こされます。この原因となっている筋肉に対して施術を行う事により症状が改善する症例をたくさん経験しています。 骨や軟骨に原因がなければ筋肉の症状です。X線、MRIで異常があっても何も痛くない方もおられます。
画像だけを見て諦めていませんか?本当に手術が必要ですか?筋肉はしっかり診てもらいました?
一度ご相談ください。手術をするのはそれからでも遅くないかと思います。