症状メニュー SYMPTOM MENU

シンスプリント

こんなことでお悩みではありませんか?

シンスプリントはなぜ起こる?

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)はスポーツにおけるジャンプやランニング、ダッシュなどのオーバーユース(使いすぎ)が原因で、脛骨の骨膜に付着している筋肉が繰り返し骨膜を引っ張る事により、骨膜が炎症を起こします。特に12歳から16歳に多く16歳をピークとして高校生、大学生に多いです。
症状としては、足のスネの内側下方1/3に運動時のズキズキするような痛み。押さえると痛い(圧痛)。ひどくなると、日常生活の歩行時や寝ている時(安静時)にも痛みがあらわれます。

シンスプリントが改善しない・
シンスプリントが悪化する理由

シンスプリントは痛みがある状態で練習を続けるほど症状は悪化します。骨に異常がない場合、湿布やアイシング、安静などで一時的に痛みは緩和されますが、また練習を再開すると痛みが出てきます。痛みのある状態、もしくは悪化した状態でも競技を続けると、脛骨疲労骨折となり、競技の長期離脱になる可能性もあります。

シンスプリントの治療法は?

いさお整骨院でのシンスプリントの治療法は、まずは痛みを出している原因である筋肉(ヒラメ筋、後脛骨筋、長趾屈筋)などを施術し、筋緊張を緩和し血流を改善することで筋肉、骨膜、骨に栄養を与え症状を改善します。運動部の学生に多い症状である為、その運動の特性を理解して症状部位以外にも負担がかかっている筋肉に施術します。
痛みの症状が改善されてきた段階で、運動療法も取り入れ再発しにくい状態にします。例えば、足底部(足の裏)のアーチを形成するためのトレーニングを行います。足底部はジャンプなどの衝撃を吸収してくれるクッションの役割を担っている為、このアーチをしっかりと機能させることで、脛骨内側部の負担を減らすことができ、再発防止に繋がります。