症状メニュー SYMPTOM MENU

変形性膝関節症

こんなことでお悩みではありませんか?

変形性膝関節症はなぜ起こる?

変形性膝関節症とは加齢とともに軟骨のすり減りや半月板の老化がすすみ、関節の隙間が狭くなり膝が外側に曲がって変形した状態のことをさします。男女比は1:4で40〜50歳代以上の女性に多く見られます。一般的な自覚症状としては、膝の曲げ伸ばしの痛みや動作開始時痛があるとされています。この痛みの原因は骨が変形したからではなく、変形によって筋肉に過剰に負担がかかることで痛みが出ている事が多いです。。年齢が上がるにつれ、筋肉量が減りますが、変形による重心のズレを筋肉で支えるのがつらくなる為、40歳〜50歳代以上の方に痛みが出てしまいます。

変形性膝関節症が改善しない・
悪化する理由

多くの医療機関では変形性膝関節症に対して湿布で温める、筋肉を強化する、体重を減らす、水を抜きましょうなどの保存療法をすすめます。あくまでその場しのぎであって根本的な解決にはなりません。膝に痛みを抱えたまま運動をして筋肉を強化することは困難ですし、返って症状を悪化させる事があります。

変形性膝関節症の治療法は?

変形性膝関節症の痛みの本当の原因は筋肉にあると考えています。それも膝周りの筋肉だけでなく、お尻や足の筋肉も大きく影響しています。いさお整骨院では痛みの原因となる筋肉をしっかりと把握し施術を行い、足全体の血液循環の改善、筋緊張を和らげ、痛みの根本改善を行います。
軟骨や半月板のすり減りによる骨の変形を真っ直ぐに治すことは出来ませんが、そのつらい痛みを楽にして通常の日常生活を取り戻すことは十分に可能です。痛みによる旅行や予定、やりたかった趣味を諦める前に一度ご相談ください。 痛みを伴わない変形(O脚やX脚)の矯正も行っています。足のラインが気になる方には矯正もおすすめですのでこちらも一度ご相談ください。